スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

解決しそう!?


先日、合格祝賀会に行ってきました。
そこで聞いた話をまとめました。

これまでの経緯は、こちらこちらをどうぞ。


合格者Aさんの話
・税理士と組んで同じ住所で仕事をしている人なんてたくさんいる
・ほかの士業が開業している住所で社労士が開業したら、そこには登録時に事務所の確認には来ない?
・税理士と組んで、1社あたり月20,000円の顧問料をもらって、給料と合わせて月50~60万円くらいもらえれば十分?
・建設業界はパソコンを使わない(スマホなら使う?)
・行政書士の仕事を流してくれる税理士とは、アメブロで知り合った
・いろんな資格で、少しずつ仕事をとってきて、稼いでいく

大原のB講師の話
・会計事務所での経験は役に立つ1年勤めれば一通りできるようになる
(この講師も会計事務所勤務だった)
・大原で週3回+開業+大学の臨時講師+年金相談?で生計を立てている
・実務と法律とは違ったところがあるので、難しい
・実務自体は大したことないが、書類が役所を通る/通らないにはテクニックが必要
(代行印と代理印など、判子も色々ある)
・助成金は特に審査が厳しく、書類で全て厳しくチェックされる
・役所やハローワークに聞いてもいいが、「最近の社労士はダメだ」と言われているので、
そういう評判が広がらないように、最低限は記入して、わからないところだけ聞くようにすべき
・お金にこだわって仕事をしたほうが良い
・開業登録をする時に、各都道府県の社労士会が見に来るので、税理士事務所と同住所で開業するなら、きちんと区切られたスペースを確保する必要あり
(各都道府県の社労士会に相談してみるのが良い)
・派手に荒らさなければ、他の士業の独占業務にも手を出して良い、というのがお互いの士業の暗黙の了解
・登録料や事務指定講習の費用は、勤務先に相談して工面してもらえるかも
・事務指定講習は、頑張れば1週間で終わる内容だが、まとめてやるのはキツい
・事務指定講習さえ終われば、いつでも登録できるので、慌てて登録する必要はない
・自分で修行先を見つけるのは、難しいと思う

合格者Cさんの話
・「給料はいらない」と言えば、一人で開業していて働き手は欲しいけど給料は払いたくないような人が使ってくれて、実務を覚えられるかもしれないが、タダ働きだと、雇い主も遠慮して強く言えなくなってしまうかもしれないので、最低限の給料はもらっておいたほうがいいかも?
・社労士は、一人で黙って仕事をするような人が多く、話が好きでなく、「仕事は盗め」みたいな考え方団塊世代が多いらしい
・独力で修行先を探すなら、電話してアポとって話をする
・年に1回しかないような手続きもあるので、本当は何年か修行したほうが良い
・年金が得意、労働保険が得意、など、得意分野があったほうが良い
・3号業務は、自信があるならやってみれば良い?
・行政協力は、公務員や年金事務所上がりの人が担当になると、なかなか回ってこない(公務員などは実務に強いため)
・税務も知っている方が良い(労務管理だけだとあまり喜ばれない)
・理系は論理的で話もわかりやすいが、文系は体で覚えろ的らしい?
・「資格を持っていないフリはできるが、資格を持っているフリはできない」のだから、せっかく受かったのなら、資格が生かせるほうがいいと思う

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
CustomRssReader
はてなブックマーク
プロフィール

今推し

Author:今推し
こんにちは。今推しと申します。
数あるブログやホームページから、私個人の独断と偏見から判断した有益なサイトを紹介していきます!敬称は省略する場合もございます。ただし、アダルトやギャンブルその他不適切と判断したものは避けています。
また、当ブログへのリンクは自由に貼って構いませんし、事前連絡も不要です。相互リンクも積極的にしていきたいので、その際はコメントでももらえれば貼りますので。
コメントもらえると勝手に喜びます。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
独身・フリー
731位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
独身貴族
57位
アクセスランキングを見る>>
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。