スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふいにTVXQ


JYJのジェジュンの件でYouTubeに動画がアップされて、
2週間くらいになりますかねぇ…
そんなこともあってか、不意に記事を書きたくなりました。

そうそう!4月16日の月曜に東方神起のライブ行きます!!
見切れ席なんですけどね…
見切れ席をぴあとセブンで応募したら、
日曜が2枚、月曜が4枚も当たっちゃったんで、
月曜にしました。
どんな席になるやら…

家で何回も5人のときのDVDを見ています。
もちろん、今の二人神起も好きだし、
二人で立派にやってるのに、
5人のときのことを回想するなんて、
ちょっと失礼ですよね。

前にも書いたことがあるテーマですが、
いつも思ってることなので、
一度記事として記録しておきますね。

さて、東方神起はご存知のとおり、
日本でも確固たる人気を得ています。
ビジュアル、歌、ダンス、更には日本語まで、
高いレベルで確立されています。

確かに売れてはいますが、日本国内での
ミリオンヒットはありませんので、
メディアが煽ることで想像される「大人気」と
人々のイメージとは、大きな乖離があるかもしれませんね。

しかし、韓国での影響力は、
日本でのそれを大きく凌ぐものだったはずです。
5人の時の話になりますが、
韓国国内での売上は、すごい、の一言です。
確か、音楽産業の市場規模が日本の20分の1とか
言われているあの市場で、
第4集「MIROTIC」は、55万枚をセールスしています。
しかも、今はどうか知りませんが、
韓国ではアイドル歌手しか売れず、
音楽を買うのは若者だけだと言われていました。
その上、違法ダウンロードや発達したインターネットのせいで、
CDが売れないと言われている中でのそのセールスですから、
以下に影響力が大きかったかがお分かりになるかと思います。

しかし、東方神起の凄さで僕が一番驚いているのは、
アジアをひとつのマーケットとして統合してしまったことです。
それまででも、日本のジャニーズが台湾などで
密かに人気を得ていたようですが、
東方神起は、韓国、日本をはじめ、中国、タイ、マレーシア、
インドネシアなどでも大変な支持を得ていると言われています。
これは、彼らの持つパワーが大きい、
ということの裏付けだと思っています。

日本のあるテレビ番組…所さんとさんまさんの出てた、
2011年秋頃の番組(録画したんですけど消しちゃいました)で、
SMエンターテインメントのキム社長が言っていましたが、
「(K-POPとかJ-POPとかいうジャンルや国籍は関係なく)アジア全体を
市場として、ひとつの楽曲で1億ダウンロードも夢ではない」
みたいな趣旨の発言をしていました。
これ聞いたとき、僕とおんなじこと考えてるなぁと思って、
思わずテレビの前でにやけてしまいました(笑)。

こういう戦略的な面で対抗できるのは、
ちょっとアプローチの方法は違いますが、
AKB以外にないと思っています。
秋元氏も、K-POPに触発されて、
このままじゃマズイ、って思ったんじゃないかって
書いてある本もありました(「K-POPがアジアを制覇する」参照)。

まぁそんなわけで、まとまりはありませんが、
こういうことを書きたくなりました(笑)。

なお、カッコ書き以外にも、西森路代さん著「K-POPがアジアを制覇する」に影響されている部分が
あるかもしれません。あしからず。

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
CustomRssReader
はてなブックマーク
プロフィール

今推し

Author:今推し
こんにちは。今推しと申します。
数あるブログやホームページから、私個人の独断と偏見から判断した有益なサイトを紹介していきます!敬称は省略する場合もございます。ただし、アダルトやギャンブルその他不適切と判断したものは避けています。
また、当ブログへのリンクは自由に貼って構いませんし、事前連絡も不要です。相互リンクも積極的にしていきたいので、その際はコメントでももらえれば貼りますので。
コメントもらえると勝手に喜びます。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
独身・フリー
731位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
独身貴族
57位
アクセスランキングを見る>>
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。